私のだんなが若い頃から髪の毛が柔らかくて細くて、将来、はげになりそうな感じがしていました。

 

私たちが出会ったのがお互いが20代前半の頃だったのですが、その頃のだんなは外見は爽やかで結構いい感じだったのですが、髪の毛が何となく薄毛の予感のする髪質で、私は内心、この人、将来はげそうだなと思っていました。また、だんなの友達も一緒に遊んだ時などにだんなに向かって「おまえ将来はげるぞ。」などと冗談を言い合っていたので、私は髪の毛のことはずっと気になりながらつき合っていました。実際、20代後半で結婚する頃には、だんなの頭頂部は少しはげていました。

 

禿げ方もいろいろありますが、生え際も薄くはありましたが、M字はげというよりは頭頂部が丸くハゲる禿げ方でした。その頃からだんなは薄毛を食い止めるべく育毛を始めていました。本人がやはり一番薄毛やはげを気にしていたみたいで、育毛シャンプーを買いたがりましたし、頭皮マッサージも自分でしている光景をよく見かけました。本来、薄毛と育毛は切り離して考えられないことだと思いますし、育毛についてはできればM字はげなどの薄毛になる前に考えるべきだなと思います。

 

M字はげ 原因

 

困ったら髪型を変えてみるのも大切ですよね。私自身も自分の旦那の育毛対策の中で、M痔ハゲで悩んだ時に、髪型を変える大切さに気づいたんですよ。私の旦那は以前はふさふさでおしゃれなヘアースタイルを楽しめていました。ですが結婚して四年、最近おでこが広くなってきたように思います。それもアルファベットのMの形にそうです。旦那は俗にいうM字ハゲになりつつあるのです。ですが本人はまだそれほど気にしていない様子、私はさりげなく増毛させてあげようと計画を立てました。

 

まずは食事の内容をチェンジ、油分のとりすぎはあまり頭皮環境によくないと聞いたのであっさりとした和食中心に切り替えました。そして昔からよく聞く海藻類をたくさん食べるといいという話を信じ、毎食一品は海藻類を取り入れました。わかめのみそ汁、海草サラダ、えごなど、あまり好きではないという旦那に毎日ほぼ無理矢理食べさせました。そして髪を短めにカット、カラーリングもやめさせイメージチェンジしてもらいました。そして3か月後、以前よりM字ハゲが目立たなくなったような気がします。

 

これも私の努力の賜物、さすが良き妻だ、なんて自分で思っていました。ですが後日テレビを見ていると海藻類は髪にいいというのは嘘だというのです。目から鱗の新事実、そのテレビ番組を見てから海草料理を作るのは辞めました。旦那は髪型を変えたことでおしゃれに戻りM字ハゲも目立たなくなりました。それが全てだったとは思いたくありませんが、終わりよければそれでよしという事にして、私の努力も報われたと思います。とにかくM字ハゲで悩む人は髪型を変えることが大切だと思います。